地方消費税について 〜渋谷区千駄ヶ谷/代々木の税理士のお役立ち情報〜


 地方消費税とは

 消費税の増税が物議をかもしておりますが、現在の消費税5%は、実は消費税4%と
 地方消費税1%の合計で5%となっているのです。ですから正確には消費税等と記され、
 この等にあたる部分が地方消費税です。

 地方消費税は、地方税法に基づき課される税金で、国の消費税額の25%となっておりますので、
 4%×25%=1%と言うことになるわけです。

 

 消費税率引き上げではどうなるの?


 内閣が閣議決定した「社会保障と税の一体改革大綱」では、今後消費税率が8%になった
 場合は、地方消費税は、消費税額の25%ではなく、消費税6.3%地方消費税1.7%。
 消費税率が10%になった場合には、消費税7.8%地方消費税2.2%と言う
 なんとも複雑な税率になってしまいそうです。

 しかし現在も国の消費税4%の内1.18%が地方交付税として、地方消費税と合わせて
 都道府県に分配されております。

 

 地方消費税の清算

 

 地方消費税は本来、消費された地域に納める税金ですが、実務上は納税義務者
 (会社や個人の事業者)の国税の納税地に地方消費税も合わせて納付されますので、
 最終消費地に税収を帰属させる為に、都道府県間で清算が行われます。

 

渋谷区千駄ヶ谷/代々木の税理士のお役立ち情報