資本金等の減少@ 〜渋谷区千駄ヶ谷/代々木の税理士のお役立ち情報〜

 

 減資しても資本金等は減らない


 会社法上、減資によって欠損金を補填することができます。資本と利益の混同です。
 法人税法では、欠損補填の減資をしても、資本と利益の混同はしないので、
 「資本金等の額」は不変です。
 それでも、交際費、寄付金、各種租税特別措置における中小企業の判定等などは、
 法定資本金をベースにするので、効果はあります。
 ただし、法人住民税の均等割については、資本金等の額が基準になるので、
 いくら減資しても無償の場合は効果がありません。


 有償減資なら実効あり


 資本金等の額を減らす効果のある減資とするなら、有償減資としなければなりません。
 ただし、資本金××/減資未払金××という処理は会社法上認められていないので、
 資本金××/資本剰余金××その後で資本剰余金××/未払配当金××としなければなりません。
 この時、利益積立金がある場合は、税務上の「みなし配当」が生ずることになります。
 また、資本金等を原資とする分配額の一株当たりの額が、その株式の一株当たりの
 取得価額を超えていると株式譲渡益の発生にもなります。

 

渋谷区千駄ヶ谷/代々木の税理士のお役立ち情報